2018年03月05日

本命の受験が間近に迫ってきました

本命の受験が間近に迫ってきました こんばんは。鹿島塾小幡校の長江です。

3月6日は中学3年生の卒業式

3月8日は公立高校B日程の学力検査
3月9日は公立高校B日程の面接

3月12日は公立高校A日程の学力検査
3月13日は公立高校A日程の面接


この日を迎える生徒は公立に第一志望があるので大切な受験が迫っています。

予想問題で練習しながら不安を解消するように一生懸命勉強をしています。

3月4日は朝9時から公立入試と同じ時間割で本格的な直前特訓を行いました。

写真はそのときの時間割です。
 (ある方からレンズを拭きたい! と写真が見えにくいことをやんわり突っ込まれました。)

解答が終わったら解答用紙を回収して私たちが採点しました。

5科目終わるまで返却しませんでした。
点数を見ると焦りが生じたり、モチベーションが変化することがあるので当日とほぼ同じ環境を作りました。

みんな一生懸命に取り組んで当日のイメージがついてよかったです。


話は変わりますが、年度末は振り返ることが多いので、今回は小幡校での9年間も振り返ってみました。

小幡校で9年が経ち、今は会社の一斉指導部門の仕事も担当するようになりました。

私自身の成長が生徒に良い影響を与えることができると信じて努力してきました。

たくさんの困難にも直面しましたが、頑張っていこうと思ったことはたくさんありました。

・分かりやすく授業をしよう

・授業での集中力を高めて欲しいから、楽しくしたり印象が残るようにどんな工夫をしよう

・授業で使う教材や補助教材を解けるようになろう

・解けるようになるだけではダメ、どう説明したら理解してくれるか考えよう

・定期テストで教え子が点数取れるようにテストを分析しよう

・テストでいい点を取ってほしいからチェックテストで確認しよう

・模試で点数取れるようになってほしいからそれまでのスケジュールを考えて一緒に取り組もう

・入試で合格してほしいからたくさんの問題をみて特徴を調べよう

・入試分析をどんな単元が出題されやすいか考えよう

・塾に来たときに元気がないから声をかけよう

・声をかけても効果があまり見えなかったから今度はどんな声をかけよう

・志望校の相談を受けることがあるから高校のことを勉強しよう

まとまりのない箇条書きをしてしましましたが、自分のためではなく、人のためになることは頑張れるように思います。


たくさんの教材を見てきたので、問題の難易度や間違えそうなポイントが分かるようになったり

学校で配られた問題で「これは至学館高校の問題だね」なんてことがわかるようになってきました。

教科の分析も授業担当の理系以外も近年は熱が入ってしまいました。



自分自身の成長を感じることもありますが、塾講師としてもっと他に大切なものがまだまだ足りないと実感する1年でした。

成長課題が見つかり、うれしく思っています。

より成長して社会に貢献できれば幸いです。


2018年度の入試は残り一週間。

最後まで諦めずに受験に向かう教え子を助けられるように頑張っていきます。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

長江



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


タグ一覧


▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.