中学1年生〜中学3年生 チームスタディ 中学部 中学1年生〜中学3年生 チームスタディ 中学部

どうすれば自分の夢に一歩、もう一歩と近づいていけるかをともに考え、
学んでいく伴走型個別指導です。
一人ひとりの夢に合わせた学習プランを専属講師がサポートし、
お子様の成長に粘り強く向き合います。

受験指導テスト対策社会で役立つ力 高校受験の先にある夢実現サポート 先生達の熱いエール 受験指導テスト対策社会で役立つ力 高校受験の先にある夢実現サポート 先生達の熱いエール

伴走型個別指導の特徴

どうすればやる気になれるか、どうすれば成績があがるか、どうすれば夢を叶えられるか、生徒と先生が一緒に考え学んでいく伴走型個別指導。気の合う先生と楽しく学び成果に繋げる、先生は生徒一人ひとりのコーチです。生徒それぞれの嬉しい!悔しい!を、自分のことのように受け止め、次への作戦を考える先生が隣にいます。
生徒一人ひとりの能力・個性・夢に合わせた学習プランを専属講師が作成し、学力を上げるだけではなく、学びへのやる気を引き上げ学習効果を高めます。
生徒の成長に粘り強く向き合い、必ずできる!と投げかけ続ける、世界一かっこいい個別指導です。

STEPは、他の個別指導塾とココが違う! STEPは、他の個別指導塾とココが違う!

  • 国立GATEで国公立大学現役合格を目指そう!

    プロの塾講師と名古屋大学の学生とで作成した新大学入試に完全対応したカリキュラムです。高1のスタート時から計画的に学習を進め、さらに手帳を使った計画・管理・承認で継続力を高めます。新年度は新たに「国立GATEからの挑戦状」と称して、月に1題の思考力を問う問題を出していきます。1題にじっくりと時間をかけ、答えにたどり着く経験で思考力を鍛えます。

  • じっくり質問でテスト前に不安を徹底解決!

    定期テスト対策の1つ。塾での受講科目以外の勉強の仕方がわからない!授業だけでは質問しきれない!そんな声にお応えし、定期テスト前に「質問クライミング」を開催!無料で定期テスト範囲の疑問を解決!質問クライミングを通して、担当講師以外の先生ともつながりができ、より塾が利用しやすくなります。

  • これからの未来に必要な人間力を鍛えます!

    教育改革の軸にある思考力・表現力・判断力は一朝一夕では身につきにくいものです。日ごろから、課題意識を持ち、他者の意見を聞き、自分の意見を発信する。こんな機会を気軽に作り出しているのが「しゃべり場」です。授業の休憩時間に、毎週変わるテーマについて自分の意見を考えて発表したり、友達の意見を聞き承認します。時には大学の入試問題(小論文テーマ)なども登場し、盛り上がっています!

  1. POINT01 個別指導の様子

    最初の3分で絆を深める

    授業が始まってからの3分間のおしゃべりで生徒との距離を縮めます。お互いの「今」を知ることで「やる気」に火をつける最初の大切な時間です。

  2. POINT02 個別指導の様子

    先生は1人じゃない

    個別指導であっても「質問クライミング」や「しゃべり場」など、担当以外の先生や先輩と話す機会がいっぱい。いつでも気軽に質問・相談ができます。

  3. POINT03 個別指導の様子

    先生の多くは元・鹿島塾生

    先生はなんと5人中4人が、鹿島塾の卒業生です。勉強を教える先生としてだけでなく、悩みを聞き、夢について語ってくれる先輩でもあるのです。

自分からなかなか質問できないのですが、大丈夫でしょうか。
お子様の解く姿、解いたノート、表情を見て、
こちらから理解を確認していきます!
学校の授業についていけないのですが、塾でもおいていかれないでしょうか。
個々の学校進度に合わせて予習をし、
まずは学校の授業の理解を促します!
得意の算数をもっと伸ばしてあげたい!
学年を超えた指導で、先取りはもちろん
思考力を伸ばすための掘り下げもしていきます!
英語が苦手になってしまって、本人もどうすればよいかわからないようです。
どこでつまずいたのかを見つけ、
お子様に合う学習方法を一緒に探していきます!
映像授業は苦手なんだけど、個別で高校生も指導してもらえるの?
はい!大学受験は個別が一番です。
新大学入試対応のカリキュラムで伴走します。
一人で通い続けられるか心配…。
専属講師が親身に支えます。
また、仲間と一緒に学ぶ、講師1:生徒4コースもおススメです。

料金

実施校舎一覧

鹿島塾の個別指導は、西区、北区、守山区、名東区の全6校舎で実施。
浄心本通校と黒川校は個別指導専門塾として一人ひとりに合わせた学習プランを専属講師がサポートしています。

タブレットは使いません!

教科書の代わりにタブレットなどのICT機器を配るという塾も増えてきました。
「本当にICT機器は必要でしょうか?」
実際にICT機器の過度な使用は、感受性や視力の低下が医学的に実証されています。
講師陣に自信があるからこそ、
私たち鹿島塾は「人が人に教える」教育にこだわっています。

オンライン個別指導 オンライン個別指導

このページのトップへ