校舎情報

西枇杷島校
[愛知県 清須市]

一斉 個別 英語
小1~3 -
小4~6
(小学部)
中学生
(中学部)
高校生 - -

access

052-504-7652
〒452-0006
清須市西枇杷島町弁天36

集まれ!勉強に熱くなりたい小中学生

小学校
西枇杷島小学校 古城小学校 新川小学校 星の宮小学校 など
中学校
西枇杷島中学校 新川中学校 など
【2019夏期講習の時間割】
PDFダウンロード

時間割表

資料請求

生徒の声

高1Sくん

ぼくが鹿島塾に入塾してもう5年か6年が経ちます。電車で塾に通っていました。あの頃が懐かしいです。何かハッキリした目標というよりは、とりあえず、しっかり勉強しなきゃと思つつの毎日でした。

中学生になり各定期テストは自分なりに頑張ってやってはいましたが、ある時、自分に夢ができ、それにむかって頑張ろうという気持ちが強くなりました。
思いがのると宿題だけではなく、自分で考え、何が必要かを考え、机にむかえるようになりました。

成績はどんどん上がり、夢に向かって行動することが楽しくなってきました。
志望校も、中2まででは受験することさえ考えられなかった高校を受験することになりました。惜しくも、私立は1校届きませんでしたが、そこに向かっていく過程は、間違いなく自分の成長につながったと感じています。

今、自分を支えてくれた、親・塾の先生に感謝し、いつかは、塾の先生の言う、だれかのためになれる自分を目指し、高校へ行っても頑張ります!!

西春高等学校 高2Hさん

私は中学1年生から鹿島塾に通っています。兄が通っていたのが鹿島塾を選んだきっかけです。

入塾当初は、「今だけの勉強」という考えをもっていましたが、先生方のお話しなどを聞き、「受験にもつながる勉強」を心がけるようになりました。高校受験をカシマで経験し、私も来年また再度受験生になります。大学受験です。
「受験につながる」とは「ミライにもつながる」ことだと思います。

自分が目指すミライに進んでいけるように、より一層気合を入れ、塾の先生、そして私を支えてくれる家族や仲間たちと壁を一つ一つ乗り越えて頑張っていきたいです。

教室長PR

教室長PR

data

教室長 杉浦宏之

講師歴/28年 趣味/旅行、釣り
座右の銘/時勢に応じて自分を変革しろ!
愛称/すぎポン

夢を持ち続け、
それを語ろう!!

いつか誰かのために…

清須市西枇杷島町の学習塾 鹿島塾西枇杷島校の教室長 杉浦です!
みんなは、今、自分一人ではなく必ず、誰かに支えられて生きています。

例えば、親、学校の先生、塾の先生、親戚の人、クラスや部活などの友達、近所の人たちなどなど・・・

しかし、この立場がいつか逆転する時がきます。
そうです、あなたがみんなを支える、助ける、力になってあげる。
そんな日がきっと近いミライにやってきます。

その時、どんな人間になっていたいか、どんな仕事につきたいか、

その時のために、逆算して考えると今は、自主的に勉強し、机に向かい努力し、成長していく。


それが、今 勉強をする理由です。
それが成長する理由です。
チャレンジし、失敗し、反省し・・・⇒改善していく。
この繰り返しが成長へとつながっていきます。

信じて前を向いて過ごしましょう!!!

杉浦宏之先生の

on

校舎に始業のチャイムが鳴り響き、初めに「お願いします!!」の声で授業が始まります。この瞬間に頭中はOFFからONに切り替わります。

この挨拶は、生徒だけでなく、私たちもこの1時間で少しでも一緒に成長していこう!という思いも込められています。

自分の未来を見据えそこに到達るために逆算します。
今何をすべきかを考え、それを行動に移しそして未来へ近づいていく。

西枇杷島校の生徒は、自主的に動き、塾のない日も机に向かいます。


自分の未来をつかむために!!


そんな教室になるため、全員が成長を続けています。
毎日が闘いであり、成長です!!!

on

今の趣味は旅行です。

近場ドライブから国内旅行、そして長期休暇には海外旅行も(;゜Д゜)

過去の長期休暇では、初めてヨーロッパへも行きました。
この写真は昨年行ったカンボジアのアンコールワット遺跡です。
湿度95%以上の蒸し暑い季節でしたが、歴史の重みを感じとてもよい経験をしました。

まだまだ、日本そして世界は広い!いろいろ出かけたいですね(*‘ω‘ *)

長期休暇の旅行が、私にとって日々を闘いぬくための大きな刺激であり原動力です!

よい観光・よい景色・よい食べ物・・・すべてが私のエネルギ-となっています。

新年度のガチンコな決意表明をお願いします。

「いつか誰かのために」これが今、学ぶ理由です!

何のために勉強するの?いつの日か自分は誰かのために生きている、なっている、そんなミライの目標をたて、逆算して、今、何をすべきか??

行動に出さなければ、夢は近づいてはきません。
まず一歩踏み出そう!!

失敗なんてない!
チャレンジしよう!


そんな生徒たちで活気に溢れる教室にしていきたいし、していきます!!

そのためには
声だけを生徒にかけても、何も彼らの心には響きません。
では、どうすれば響くのか?

簡単なことです。

我々が、チャレンジし、失敗し、成長する姿を背中で見せればいいんです。
そのうえで生徒のチャレンジを成長としてとらえ、承認し、常にパーソナルトレーナとしてその傍らに寄り添う。


時には励まし、時には一緒に喜び、時には涙を流して叱り・・・

そんな、教室・環境をつくっていきます!!
ワクワクしますよね!


このページのトップへ