2018年07月29日

鹿島の夏期講習で1日も無駄にしない夏休みを♪♪

こんにちは!


光音寺校の表です!



最近、光音寺校の自習室がリニューアルし、

以前よりたくさんの子が自習に来てくれるようになり、

嬉しい限りです!!



夏休みが始まって1週間ほどたちますが、

小学生の半分以上が、もう夏の生活を終わらせています!

はじめのうちは、夏の生活を早くやりたいから自習に来てくれるのかな?(^^)

と思っていたのですが、今もたくさんの子たちが自習に来ているため、それは違うことが分かりました!!


何をしているかというと、自分の課題と向き合いプリント教材に取り組んでいます!!


私が指示したわけではないので、ここからは推測なのですが、、、


夏期講習であつかったテキストで出来なかったところや、

1学期の通知表を見て、

何か感じるものがそれぞれあったのだと思います。




一番いけないのは、

「どうでもいい。」「勉強したって無駄だ。」

と諦めの気持ちを持ってしまうことだと思います。



壁にぶつかったとき、自分で解決の道を探せる、

光音寺のみんなが本当に立派です(*^^*)

鹿島の夏期講習で1日も無駄にしない夏休みを♪♪






とある5年生の子の時間割表です!!


これは私と約束して、大まかな計画を書き込んだものです。



こうしてみると、無駄な期間って全然ないですよね。

40日もある夏休み、少し短く感じませんか?


2018年07月28日

受験戦争~夏の陣、台風を添えて~ やる気元気で乗り越えよう

受験戦争~夏の陣、台風を添えて~ やる気元気で乗り越えよう こんにちは!城北校の森本です。

始まっております、夏期講習。
この後はプレミアム講座、合宿と目白押しですね。

そんな中、やってきております。
あいつが。
呼んでないのにやってくる台風です。

授業始まって数分で暴風警報が出てしまいました。
今日の楽しい授業が。。

残念ではありますが生徒の安全面を考えたら仕方がないですね。

台風と共に暑さも去っていくらしいので今日を乗り越えて夏の陣を戦い抜きましょう!!

今日もミラッチをpush!!


2018年07月26日

9/1じゃなく出校日に提出!「読書感想文」完成までのお話

9/1じゃなく出校日に提出!「読書感想文」完成までのお話 こんばんは。
黒川校の田中です。
いつもカシマブログをご愛読いただき誠にありがとうございます!

今回も娘の話です。
4年生になり、何かとネタが多くシリーズ化しそうです。

娘と読書感想文と私の攻防についてお話いたします。

娘の小学校は1年生のころから夏の宿題に読書感想文が出されています。
そのため今年で4回目の闘いです。

娘はあまのじゃくな所があるため口を出し過ぎるとこちらが痛い思いをします。
ですから、ほかっておけばよいものをついつい口を出したくなってしまいます。出さずにはいられないのです。これは性でしょうか??

娘が決めた本は順番に
「君たちはどう生きるか」
「つみきの家」
「ぼくらの天使ゲーム」
「インサイドヘッド」

娘いわく
「どれも感想がない」
そうです。
心が死んでいるのでしょうか??
名作ぞろいで、感想がないことあります?
そもそも4冊目は映画の小説版だし!それすら感想ないです?

とにかく感想がないとなれば感想文は不可能です。
「心に残った場面は?」
「感動した場面は?」
「面白かったエピソードは?」
など投げかけてみましたが、悪びれる様子もなく
「う~ん、ないんだよね~。おもしろくなかったわけじゃないんだけどさっ」と。何様?

それでも何とか「インサイドヘッド」で書く気になったようで、考え始めて数時間がたちました。

書き出しは、
「私はこの本を読んで、2つ心に残ったことがあります。1つ目は~」
これで原稿用紙半分くらい書いてやる気を喪失していました。
聞いてみると、
「2つと書いたが、1つしかない」
そうです。

「やめてしまえ!心に残ることが1つしかない本などやめてしまえ!!」と心の中で叫びながら、
「そうなんだ~」と言い、逃げるように仕事にでかけました。

翌日、感想文の題名は、
「ワンピース~アラバスタ編~を読んで」にかわっていました。
それはもう漫画じゃん!!
「これならいっぱい感想があるから!」
でも漫画じゃん!!
「違うよ、図書館で借りた小説だもん」
そうなの?じゃあいいの?あかんやろ。

でももういいのです。
学校の先生ごめんなさい。
もしだめなら書き直すように言ってやってください。
私からはもう。。。

この感想文の最後の3行に書いてあったこと。
「私もいつか仲間と呼べる関係を作りたいです。友達と仲間の違いはそこに甘えがあるかないかだと思います。だけど私は細かいことは気にせずにやっていきたいです。 終わり」

気にしないんだ!!!!


親子で宿題に取り組むことは大変ですよね。
どうしても感情が入りすぎてしまって。
お子様の宿題・学習・感想文、根気よく丁寧に見させていただきます。
ぜひご相談ください^^
















2018年07月25日

甲子園予選

甲子園予選 こんにちは!

貴船校の田中です。


先週、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の岐阜県予選大会を観戦してきました。


名門、県立岐阜商業と市立岐阜商業の対戦です。


県立岐阜商業は今年から鍛冶舎監督が就任されて話題になった高校です。


県立岐阜商業は、甲子園での勝利数が公立高校では全国1位(春夏87勝)です。


鍛冶舎監督は長年に渡ってNHKの高校野球中継の解説をされた方で、


2014年から昨年まで熊本県にある秀岳館高校の野球部を甲子園三季連続ベスト4に導いた私が最も尊敬する監督です。


NHKの野球解説者時代は視聴者が納得のいく、わかりやすい解説を何試合も担当されていました。


試合は残念ながら市立岐阜商業に敗れましたが、伝統校ならではの雰囲気とオーラがすごかったです。


3番三塚くんの同点2ランやエース左腕、藤井くんの粘り強い投球にも感動しました。


あらためて、何事も最後まであきらめない姿勢が大事だということを高校球児たちから学びました。


いよいよ夏本番!


今度は我々が子供たちに伝える『夏』がやって来ました!


2018年07月23日

鹿島塾では夏の生活を早めの7月中に終わらせます!

鹿島塾では夏の生活を早めの7月中に終わらせます! のー!

新守山校の能村です!!

いよいよ!

いよいよ!

夏休み!!!!

海!川!プール!旅行!スイカ!稲川淳二の怪談!(車でいつも聞いてます)

そしてそして…

宿題…!

そう。

昔も今も、夏の風物詩。

僕はもらった瞬間に

ちゃっちゃかちゃっちゃっちゃー

とやり終えるスタイルでした。

思い出すのは小5のころ。

習字をやろうと道具入れを開けたら

硯に筆に炭にビッシリと

かび!カビ!黴!

斑点とかじゃなく、なんかふさふさしているタイプのカビさんたち。

最後に使って洗った後、濡れたまま放置していたのがまずかった、と直感しました。

今の僕なら生命の神秘に感じ入って一句読むのですが、

子どものころはそんな余裕もなく…

洗ってみたら硯は何とかなりましたが

筆と炭はドモナラン…

仕方がないのでこっそり庭に埋めました(笑

今では庭もコンクリートで固められたので、

もう二度と会うことはないでしょう。

夏になると思い出す

夏の宿題の苦い思い出…

そんなオロカモノの私と違い

鹿島生は頑張ってます!

何と!

すでに3人の子が宿題を終えているのです!

金曜には夜遅くにお父さんにお願いしてまで

「終わったよ~」と見せに来てくれた小学生もいました!

この調子!

最高の夏にしよう!



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.