2016年02月29日

さよなら今学期! こんにちは新学期!!!

さよなら今学期! こんにちは新学期!!! こんにちは、西枇杷島校の杉浦です。


みなさんが このブログをご覧になっている頃には 3月になり
鹿島塾の新年度が始まっていると思います。

西枇杷島校に再赴任して はや6年が経ちました。


しかし、新年度だからといって、何もかもが終わったわけではありません。
来週から、公立高校一般入試が始まります。
何年か塾に通った生徒の進学先が決定します。
今はそこに向けて 全力投球です。
そんな思いで 日々過ごしています。


さて、西枇杷島校でも 新しい先生を向かえ、心機一転スタートします。


SPEAKも始まり、新年度へ向けても、全力投球です。

新しい、西枇杷島校にご期待ください。


2016年02月29日

ありがとう

いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただき
誠にありがとうございま
す!!

鹿島塾黒川校の堺です。

もう2月も終わり、中学3年生は公立高校の入試、
高校3年生は中期、後期の受験を残すのみですね!
体調管理だけは気をつけて自分の今まで勉強してきたことが
発揮できるように願っています!
さて、私自身今年の4月から社会人になるにあたり、
楽しみでもあり少し不安でもありドキドキしていますが、
それと同時に様々な人に感謝しなくてはならないなと感じます。
今の自分があるのはたくさんの人が支えてくれていたからであり、
だからこそ社会人になってから少しずつではあるけれど
恩返ししなくてはならないなと感じています。
ただそんな大きなこと言っても何をしようかなと(笑)
まずは両親に「ありがとう」を伝えなくてはいけないなと思います。
ただ凄く照れますけれどね(笑)
生徒の皆さんもなかなか、伝えにくいとは思います。
特に今年受験生の生徒たちはちょうどいい機会だと思うので
受験が終わったら感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?



写真は朝の入鹿池の写真です!朝一番でワカサギ釣りをしてきました!!

ありがとう


2016年02月28日

旅立ち!

旅立ち! こんにちは。光音寺校の関です。

このたび私、光音寺校から小幡校への移動が決まり、
本日が光音寺最後のブログになるんです。
さかのぼる事十数年前・・・

当時城北校の生徒だった頃にもこういう経験はありました。
小学生から中学生になる時、中二から中三になる時です。
今度は先生として同じ経験をします。
やはり言い出すのは苦しいものでした。
当時の先生方もこんな思いだったんだなあとしみじみ感じています。

ただ、そんな思いに浸ってばかりもいられません。
「出会いがあれば別れもある。それらが人を成長させていく。」
どこで聞いた言葉だったか全く覚えていないのですが
私自身大切にしている言葉です。
出会いで新しい価値観を、別れで自立心を育めると思うんです。
何事もポジティブにいくことが大事です!!
2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。

小幡でも光音寺のみんなの成長を願っています!!
そして小幡校のみんなは、お互いに新しい「出会い」です。
この出会いが実りあるものになるようガチンコでぶつかっていくのでよろしく!!


2016年02月20日

僕にとっての鹿島塾

こんにちは!黒川校の原田です。
いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただきありがとうございます。

そろそろ、ブロスになって1年です。まだまだ未熟な若手です。

思い返せば、僕が鹿島塾と出会ったのは・・・、

というよりも、物心ついた時には、家の隣にありました。

幼稚園のころは水遊びをして水着でお邪魔したり、
小学生のころは駐車場でバドミントンしたり、
ご近所の一員として面倒を見てもらいました。

塾だと知ったのも、中学生になってから。

洗濯物を干す祖母に挨拶してもらったり、
車を出す母を合図灯で送り出してもらったり、
良きご近所さんとしての立ち居振る舞いが印象に残っています。

中学3年生のとき、鹿島に通い出したのも、
当時の教室長の人柄があってこそですね。

これが僕の鹿島塾との出会いですが、同時に、
ブロスとして社会人として心掛けるべきことも、背中で学んだ気がします。

人を育てる先生の素行が悪くては、一体何が学べるのかですね。

半人前ですが、理想の姿になれるまで、背伸びし続けようと思います。

こんな話になったのも、普段、勉強にあまり身の入らない中2生の子が、
数日、教室で8時間近く学習していて、声をかけてみたところ

「中3生になるにさしあたり、実感はないけれど、自覚は持つんだ」
と言っていました。

理想像になれるまで一緒に背伸びしようと思えました。

写真は初心を忘れずの意味を込めてです。

彼はわかばの時期には、立派な中3生になっていますね。

僕にとっての鹿島塾


2016年02月18日

懐かしい!!

こんにちは!光音寺校の関です。

2月も中旬に入り、私立の合否も出揃いました。
見事合格を勝ち取った子
残念ながら志望校合格に届かなかった子もいました。

しかし、本命は公立です。
その子達にとっての私立高校の合格とは
共通するものと、合否で異なるものが得られるものだと私は思います。

まず共通するものは、「安心」です。
滑り止め校であろうとチャレンジ校であろうと
合格によって「高校生になれる」という安心を得られます。
そして志望校に合格した子は「自信」と「油断」を手に入れることができます。
この子達は私立大丈夫、だから公立も大丈夫と油断しがちです。
しかし、そうではありません私立に合格
できた子が公立に合格できる
のではなく、私立に受かる勉強量を公立まで続けられる子が合格できるのです。

また、志望校合格を得られなかった子は「不安」と「悔しさ」を
手に入れることができます。
逆にこれを得たこの方が当日逆転合格する子が多いと
これまでの経験で感じることがあります。
だからといってそこから何もしないで合格できるわけではありません。

最後まで勉強を継続させることです。

どちらも「継続は力なり」です。
ちなみにこの話は私が高校生にときに恩師が話してくれたことです。
このタイトルにもあるように
懐かしい気持ちを思い出しました。

ちなみに写真は私が小学生2年生の頃に大ヒットしたポケモンが
再販されるらしいので載せました!
今真剣に大人ながら3DSを買うか悩んでいます(笑)。

懐かしい!!



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.