2014年01月30日

試験真っただ中~僕らも生徒も~

試験真っただ中~僕らも生徒も~ こんにちは。
黒川校講師の松田と石原です。
いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。


今日は松田と石原が仲良く二人でブログをお送りします。


2014年が始まってもう1月が経ちました。センター試験も終わり、いよいよ大学の二次試験と高校生の高校受験が始まっています。



少し松田の小話にはなりますが
僕はただ今、上名古屋校と黒川校の授業をやらせていただいています。
黒川校ではずっと個別指導という形でやってきたのですが、上名古屋では集団という形でやっています。

やる前は、自分に勤まるのかという不安がとてつもなくありました。
もうそれはそれは大きなプレッシャーのようなものでしたね。

チョーク!!! 黒板!!! 教育実習だ!!!的な不安がありました。


しかし、いざやってみると、まだまだ不安はあるものの徐々に楽しいという気持ちが芽生えていきました。

算数の問題を一緒に解いたり、教育実習以来、黒板で解説してみたり、おはじきを全力ではじいてみたり、
新鮮な経験をさせてもらい、全力で楽しんでいますます。


そのようなことができるのはおそらく、
上名古屋の子どもたちが自分のことを温かく迎えてくれたからだと思います。
本当に本当に本当に感謝しています。
2月もまだまだ行かせてもらえることがあるので、全力で子どもたちに応えようと思います。



代わって石原の話です~

黒川の高校3年生はセンターの結果に一喜一憂しながら、
不安な気持ちを打ち消すように毎日遅くまで勉強を頑張っています。

ここで講師として受験生を見守るのも3回目となりましたが毎年受験日が迫ってくるにつれて、普段あまり話さないような子たちでも仲良くなっている姿が見られます。


受ける大学も別ならば高校も別といった中で
同じ受験を同じ場所で戦っているという連帯感のようなものがあるのかなぁ
と勝手に推測しています。

少し前に講師の先生と生徒が受験は「個人戦」なのか「団体戦」なのかという議論をしていましたが、自分なりに考えてみた所「どっちでもある」と思います。

もちろん受験の時は一人で問題を解かなければいけませんが、
それまでの準備はみんなとの団体戦であって学校の友達や先生、塾での友達、もちろん家族そういった人たちと一緒になって乗り越えていくものだと思います。


僕らもその一員となって手助けをしてけたら良いなと思いますし、それが僕らの大きなやりがいの1つだとも感じるこの頃です。


中学3年生は初めての受験に向けて緊張しながらも必死に勉強に取り組んでいます。
高校生にも負けずに毎日大量の質問を僕たちに持ってきてくれます!

その勉強に取り組む姿勢というのはとても純粋なもので、僕たちも思い出さなければならない部分なのではないかと思います。
そんな中学生の頑張ってる姿に僕らも元気と勇気をもらい指導にも熱が入ります。




頑張れ!みんな!明るい未来がそこにはある!!

楽しんで努力の後には幸せが
byあ~ちゃん


2014年01月28日

少年の日の思い出

少年の日の思い出 お久しぶりです!!

新守山校の中元です!
もうカシマブログリレーの法則もわかってきて、たまに登場するボクの意味も分かってきた人もいるのではないでしょうか?w


そうそう、先日のV奪取特訓で、ボクのブログを毎回楽しみにしてくれている子がいて、本当に感動しました!
ありがと~T^T



そんなボクが今日お送りするのは、いつかお約束した、少年時代の話です。






一枚目の写真は、ボクがこの前部屋の掃除をしていたら出てきた、ひとつのアルバムです。

そこには、‘98の文字が…

今から16年前のものになりますね。


中を覗いてみると…

少年の日の思い出 そこには三人の方が、にっこりと笑って写っていました。


この方たち、僕が中2の時、とってもお世話になった方々なんです。


お気づきだと思いますが、ホームステイをしたときのホストファミリーの方々です。

そう、ボクは中2の時にオーストラリアにホームステイをした経験があるのです。


場所はメルボルン郊外。
あのテニスでとても有名なところです。

季節は日本と真逆なので真冬。(日本では夏休み真っ最中です。)


雪もちらつくほど寒い季節でしたが、心の中はとても温かく感じたのを未だに覚えています。


当時のボクは、本当に英語力がなくて、単語単語の英語しか話せなくて、『マクドナルド』すら聞き取るのも一苦労。
おまけに気圧で耳が遠い状態が1週間近く続いたので自分の話している声の大きさもわからないくらいでした。

当時は現在形くらいしか知らず、過去形も未来形も知らなかったので、本当に伝えたいことが伝えられないもどかしさに、毎晩のようにホームシックで泣いていました。


そんな中、あることが起こりました。


通っていた学校はお弁当を持っていくわけでも、給食が出るわけでもなくて、いつも購買で昼食を買うようにしなくてはいけなかったのですが、ボクはその購買で『ピザ』を買っていました。(まぁ、メニューを見て、自分の英語力で通じそうだったのがピザくらいしかなかったからなんですが…w)


それをボクのホストバディーが見ていたようで、『アイツ、ピザが好きみたいだ!』とお母さんに伝えたようなんです。


すると、毎晩のようにホームシックになって落ち込んでいるボクを何とか元気づけようと、ホストファミリーの皆さんが夕食にサプライズでピザを作ってくれたのです。


毎昼ピザを食べていたので飽き飽きしていたことはさておきw、本当にそのピザがおいしくておいしくて、今でも忘れられない味です。


あのピザの味を超えるピザとはもう出会えないでしょう。

少年の日の思い出 それともう一つ。


当時の僕は本当に怖いもの知らずで、今では大嫌いな動物とのツーショットがありますw



この頃に帰りたい、とまでは言いません(みんなと一緒に勉強できているからねw)が、今こうやって英語をみんなに教えることになったきっかけの一部になっているので、本当にこの貴重な経験に感謝しています。



みんなもどんどん、海外に出よう!
特にオーストラリアはおすすめ。


いろいろな国に出て、いろんな刺激を受けて、いろんなことを知られる人になってね☆









Vamos!!


2014年01月20日

ついにセンター試験!

こんにちは。
黒川校講師の塚本です。
いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。



1月18日、19日は大学入試センター試験でした!
志願者数56万人余り。センター試験を利用する大学と短大は過去最多の計843校となり、国公立大学だけでなく、私立大学志望者もセンターが重要になってきています。




センター試験。実にいやな響きです。
二次試験よりも圧倒的に精神的に苦しいと思います。
失敗できないという追い詰められた緊張感の中、冷や汗を何度もかきました。
もう二度と受けたくありません(笑)



このセンターを乗り切れれば、あとは二次試験だけです。



二次試験まで約1ヶ月。現役生は、ここから非常に伸びます。その分、この1ヶ月をどのように過ごすかが、大きなキーポイント。



そこで、模試E判定から、名大経済学部に現役合格した私塚本がおススメする、受験直前期の効果的な勉強法を大公開しちゃいます!!




1、大学入試の合格ラインを把握する。

国公立大学を中心に、合格最低点を公表しているところがあります。自分のセンター試験の自己採点の結果や例年の志望大学の合格最低点などから、おおよそ本番で何点取れば合格するかがわかります。合格ラインは多くの場合、二次試験得点率6割前後であることが多いです。二次試験で6割獲得できれば合格できるのです。裏返せば4割間違えても大丈夫なのです。


2、過去問でどの問題を解ければ合格できるか把握する。

4割も解けなくても合格するのです。入試には受験者ほぼみんなが正答する簡単な問題も、ほぼ誰も解けることができないような難解な問題も含まれています。やみくもにすべての種類の対策をするのは不効率です。まずは、難解な問題を対策するより、比較的平易な問題をミスなく解けるようにすることが先決です。いかに6割取るかを考えましょう。


3、合格のための対策をする

どのように合格ラインを突破するかのイメージができたところで、次は合格するための対策を行います。ここはもはや作業です。ひたすら過去問、問題集などをやるだけです。ここで重要なのは、難問に固執せずに、簡易な問題をミスなくこなし、合格ラインを突破することを意識しましょう。ある程度数をこなすと、得点が安定していきます。6割以上で安定するようになってきたら、合格はもう目の前です。



なんとなく過去問をやって、なんとなく1ヶ月を過ごしてしまうのは、非常にもったいないです。以上1~3を是非参考にしてみてください!



高2生は、ついに、センター試験まで1年をきりました。数学・理科は新課程になり、習得しなければならない分量は増しています。部活等で忙しいと思いますが、ぼちぼち受験を意識した勉強を開始していきましょう。

ついにセンター試験! 写真は今年夏に1か月間、大学のプログラムで行かせていただいたドイツ・フライブルクの街並みです。大学は自由で、いろんなことができます。ぜひ、行きたい大学に進学し、自分のやりたいことをじゃんじゃんしましょう!


2014年01月19日

ちょっと時間のあるときに…

こんにちは。西枇杷島校の杉浦です。


2~3日前の鹿島ブログに 金閣が出ていたのを覚えていますか?

それに対抗してというわけではありませんが、今回は つい先日いってきた銀閣の写真にしてみました。


家では、かなり簡単に京都までいきます。

車で2時間くらいですが 時間があれば気軽に出かけます。


この銀閣へいったのも 休日に お昼ごはんを食べて 暇だから出かけようか。くらいの感覚です。


初めて銀閣へいきました。

見方によっては地味ですが 金閣より 感動するかもです。
少し肌寒かったですが、趣がありました。

ちょっと時間のあるときに… もう 中3生の学年末テストの結果が返ってきますね。

(急に現実的な話ですが)


少しの期間 お出かけもお預けです。

また 暖かい季節になったらですね。



その結果を踏まえて 受験校の決定や もちろん その目標に向けての最後の追い込み。

1年で 1番 忙しく 1番 やりがいを感じることのできる季節の到来です。



季節だけではなく 心底 暖かくなるために、最後まで目一杯 上を向いて行こう。 


2014年01月11日

ならいごと★!

こんにちは★!

山田校の岩間です(*´ω`*)
みなさん、あけましておめでとうございます!
久しぶりのblog登場です(^^)/


最近、山田校のみんなには
カミングアウトをしたのですが、
実は最近、習い事を始めたんです★!


なにかと言うと
THE★女子(笑)料理教室\(^o^)/
写真のパン、美味しそうでしょ?(笑)
ウインナーパン!ww




ならいごと★! ね!!いいでしょ!?(笑)
先生料理できなさそーーーって
言われますが、そんなことないですよ!
料理とパン、両方やってます(*^^*)
朝、焼きたてのパンとか出てきたらいいよねー★
(あくまで理想ねww)



先生、料理教室に通えば、自然と料理がうまくなると思ってたたの!!!!単純に!!!!
でもね、違った(;_q)
おうちでもう一回作ってみると、
思うようにいかないんだなーこれが。
つまり、定着までできてないの!!!
おうちで毎日作らなきゃ
『上手』にはならないんだなーって
実感しました。

これってやっぱり
どの習い事でも同じなんだね。


塾の授業もそうだよね!!!!
ただ受けてるだけでは、なかなか力がつかない!
前向きに授業を受けて、宿題も目的もってやって、
主体的に動けて初めて結果が出るもんだよね!(^^)/



みんなによく言うことだけど、
改めて感じました(*´∀`)

2014年も、一緒に成長できる1年にしましょう!



先生も料理がんばります(笑)



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.