2020年02月09日

最近の後悔は「男はつらいよ お帰り 寅さん」の上映が見る前に終了してしまっていたことです。

11月に初めて行った美容院で
「あの、お写真インスタに載せてもいいですか…??」
って美容師さんに言われてしまい、載ったらスクショして自分のインスタのストーリーにあげちゃって

「かわいくしてもらった〜ありがとうございました♡」
とか書ける可愛い子にしか許されないアレをやろうと意気込んで
目をバッチリ開けてカメラに向きましたらば、

「あっ横向いてください」

と言われてしまいまして、とても言葉では言い表せない気持ちになりました。

その美容師さんはすべてのお客様の顔を写さないようにしているみたいで、
でも、そんなん、最初から言ってよね・・・

先々週あたりに行った時は自ら横を向いた山田校の山本です。


私の今年1恥ずかしかった話(まだ2月)はさておき。

公立受験に向けて頑張っている中学3年生のみんなはもちろん、
生徒全員に聞いてほしい人生1(今のところ)悔しかった話をするね。




「もっと勉強しておけばよかった」
この時期、いちばんよく聞く台詞。

うんうん、わかる。
私も言ったことある。


ネガティブな言葉かもしれない。

でも、その気持ちは大事に持っておいてほしい。

本当に。


既に知っている生徒も多いと思うけど、私は大学生になるまで勉強が大嫌いでした。
英語は今はちょっと得意だけど、昔は特別できるわけじゃなかった。


大学に入ってすぐ、一人でドイツにボランティアに行ける機会があったからなんとなく応募して、面接して、受かったのが5月。
ドイツに行く8月まで間、ネイティブの先生の授業で英語漬けの毎日を送って少し英語力に自信がついた。


が、行ってみて愕然。
様々な国から来ているメンバーたちの話に全くついていけない。


自己紹介の時に言ったこと。
私の名前はさきで、日本人で、どこどこ大学で英語を専攻していて、弟が3人いて、音楽が好きで、、、

でもそんな自己紹介する人は一人もいなかった。
みんな名前と、よろしく、くらいで
教科書の例文のように作り上げられた私の英文がこどもっぽく感じられてすごく恥ずかしかった。

文法や発音が気になって話せない。
ていうかこういう時なんて返せばいいんだ?
あれ、この単語なんだっけ。
もはや何を聞かれているのかもわからない。

部屋に戻って、辞書を引いて、文を完成させて、「明日こそはこう言おう」ってノートに書いたりした。
まあ、いざ使おうと思ったら出てこなかったけれど。


ある時、メンバーの一人のイタリア人に
「何で6年も英語勉強してるのにそんなに話せないの?僕はそんなに勉強してないけど君よりは話せる」
と言われた。
(イタリアの第2言語はフランス語)


衝撃だった。


別の日、ドイツ人のメンバーからも
「どうせこいつに言っても理解できんやろ」(多分そのような趣旨のこと)とボソッと言われた。


もうその時はめちゃくちゃに悔しくて、恥ずかしくて、ムカついて、
もっと勉強してから来るんだったって心底後悔した。
そしたらこんな惨めな思いしなくて済んだのに。


みんな英語が母国語じゃないので、文法とか発音とかめちゃくちゃなときもあるのに
すごく堂々と話しているんです。

でも考えてみたら、私みたいに「だんまり」の方がずっとずっと感じ悪いよね・・・



意外と英語以外の知識もないといけないことも分かった。

例えば社会科。
「日本のこと話して」って流れに当然なる。
「47都道府県あります」って答えた。だって他に何を話していいかわからない。
あっても英語で何て言うのかわからない。

その場が見事にしらけた。


もっと勉強していい大学入るんだった。いや、中学生からやり直して、いやいや小学生から・・・


後ろばっかり見て、涙が出て、悔やみに悔やんで、ふと、
過去には戻れないんだからせめて今やってやろうと思った。


日本に帰って、留学に行こうと決心できたのはこの後悔がバネだったと思う。

毎日大学の図書館に引きこもって自習して、留学のためにバイトして、大好きな音楽サークルもお休みして、
本当に忙しい毎日だったけど今はその時の自分を誇りに思う。
すんごい辛かったけど、やめたいって思ったことはなかった。
勉強嫌いどこいった?の瞬間だった。


当時18歳。本当にいい経験をしたと思う。
メンバーとも仲が悪かったわけじゃなくて、私がボロクソ言われて勝手に傷ついてただけで
みんなと仲良かったしすごく楽しかったよ!

でも「何で6年も英語勉強してるのに・・・」って言葉はこれから先も一生忘れないと思う。
死ぬほど悔しかったけど、自分の夢を見つけるきっかけになった言葉。

今でもそのイタリア人とは時々連絡を取る。
私の夢が見つかった時は、すごく喜んでくれた。


みんな、できれば人生後悔はしたくないと思ってると思う。
私だってできればしたくなかったし、今後もしたくはない(笑)
でもどんなに避けようとしても、生きてたら後悔することは必ずある。

もしその時が来ても、前だけを向くこと。
鹿島塾の生徒に、いちばん伝えたかったことです。



受験生、一緒に走りきろうね。

HPはこちらから

最近の後悔は「男はつらいよ お帰り 寅さん」の上映が見る前に終了してしまっていたことです。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

山本



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2020年02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.