2019年11月30日

こんなにも流してた涙も、語る声も、オーケストラ

こんなにも流してた涙も、語る声も、オーケストラ 11月も今日でおしまい。
今年もあと一か月でごさいます。

月日が流れていくのが早すぎて
今年の残りの一日一日を大切に生きなきゃと思う今日この頃
いかがお過ごしでしょうか。
パッチ校長、飯塚でございます!

憧れていた大人像っていうのがあって
こんな大人になりたいなって
今でも十分大人なのに思うことがあります。

出会ったときはまだ僕はチャラチャラした学生で
憧れの人は若手でしっかりしてると評判の先生でした。
そして何よりカッコいい。
「無地はイケメンしか着てはいけない」というのは
この人と吉田栄作のためにある言葉だと思っていました。

一緒に働き始めて
いろんなことに気が付きました。
弱音は吐かないし
すごく気を遣ってくれるし
仕事以外のところでは
一緒におどけてくれるし。
いつも何かと自分のアイデアをほめてくれるので
大好きな先輩でした。
トマトは食べられないけど。

それは生徒も同じで
合宿やV特などが終わると
先輩のファンがたくさんできていて
僕のような三枚目は適わないなといつも思っていました。

その頃の僕は本当に生意気で
自分のことしか考えないで不満はすぐに顔にだす大馬鹿者だったので
たまにご飯に誘ってもらっては話を聞いてもらいました。
今、考えたらどうでもいいことばかりだったけど
いつも嫌な顔せず誘ってくれました。

他の部下には時に厳しく接しているのに
僕には「おまえは考えてできるから自由にやった方がいい」と
あえて細かく言わずに好きなようにやらせてくれました。
結果が出ないときも我慢して見守ってくれました。
相当、我慢してくれたんだと思います。

一回だけ本当に調子に乗りすぎて
新守山校の駐車場でガツンと怒られました。
そんなことはじめてだったから、本当に反省したのと同時に
ちょっと嬉しかったのを覚えています。

時がたって
また一緒に仕事をすることになって
席が隣になりました。

あの頃の自分だったら
「席が隣なんだぜ」と生徒に自慢していたことでしょう。

そんな人の代わりなんて到底無理な話だし
真似なんてできっこない。
もうそんなことはわかってるから。
新しい道を切り拓いて耕すしかないんだなって。

変化に柔軟に対応できる能力はこれからの社会にきっと必要って
アフタースクールの説明会で言ったばかり!
大人が変わらなきゃ子どもは変わらない!

やるしかないんだわ。

4月開校!アフタースクールPATCHのHPはこちらから!

アスタースクール面談いつでもやってます!
4月は各校舎限定20名!保育料10,000円でやります!
ご連絡お待ちしてます!



鹿島塾ホームページ



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

飯塚



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.