2016年02月20日

僕にとっての鹿島塾

こんにちは!黒川校の原田です。
いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただきありがとうございます。

そろそろ、ブロスになって1年です。まだまだ未熟な若手です。

思い返せば、僕が鹿島塾と出会ったのは・・・、

というよりも、物心ついた時には、家の隣にありました。

幼稚園のころは水遊びをして水着でお邪魔したり、
小学生のころは駐車場でバドミントンしたり、
ご近所の一員として面倒を見てもらいました。

塾だと知ったのも、中学生になってから。

洗濯物を干す祖母に挨拶してもらったり、
車を出す母を合図灯で送り出してもらったり、
良きご近所さんとしての立ち居振る舞いが印象に残っています。

中学3年生のとき、鹿島に通い出したのも、
当時の教室長の人柄があってこそですね。

これが僕の鹿島塾との出会いですが、同時に、
ブロスとして社会人として心掛けるべきことも、背中で学んだ気がします。

人を育てる先生の素行が悪くては、一体何が学べるのかですね。

半人前ですが、理想の姿になれるまで、背伸びし続けようと思います。

こんな話になったのも、普段、勉強にあまり身の入らない中2生の子が、
数日、教室で8時間近く学習していて、声をかけてみたところ

「中3生になるにさしあたり、実感はないけれど、自覚は持つんだ」
と言っていました。

理想像になれるまで一緒に背伸びしようと思えました。

写真は初心を忘れずの意味を込めてです。

彼はわかばの時期には、立派な中3生になっていますね。

僕にとっての鹿島塾



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

田中ゆきこ



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.