2015年11月30日

きのうの自分より!

きのうの自分より! こんにちは。黒川校の津嶋です。
いつもDiscoverリレーByカシマブログをご愛読いただきありがとうございます!

私事ですが3ヶ月ほど鹿島塾をお休みして小学校と中学校の教育実習に1ヵ月間ずつ行ってきました。
最新の教育現場で様々ことを学ぶとともに学校の大変さややりがいなど子どもから学ぶこともとても多かったです。
今回は学校現場で得たことを塾に生かせないか考え、自分の感想も交えながら綴っていきたいと思います。

まず1つ目は「アクティブ・ラーニング」についてです。
アクティブ・ラーニングとは簡単に言うと生徒主体の教育であり、生徒が主体的に問題を見つけそれを解決していくような学習のことを言います。
僕の実習先の小・中学校どちらも生徒が中心となるような授業展開が考えられていました。
学校の授業というと教師が重要なところを教えたり、一方的に知識を与えるだけのイメージがあり、実習中そのような授業を展開しようとすると「津嶋先生、しゃべりすぎです」と釘を刺されたこともありました。
そもそも教師が一方的に知識を与えるのは「講義」であり、「授業」とはその時間に一番重要なことを‘生徒’が発言するものということを学びました。
これは塾でもこの認識を持つ必要があると思います。
自分は個別指導ですが生徒に何か教える際にこちらが全部教えてしまっていないか、発問を多くし生徒と会話で確認しながら進めれるよう注意するようになりました。
これは生徒が聞いてるだけで頭に入っていないことも防ぐことができるので、すべてのBrosにもう一度徹底したいと思います。

2つ目は「導入」についてです。
僕は数学を専門教科としているのですが新たな単元に入る際、生徒が興味を持ってもらえるよう導入には時間をかけてじっくり考えます。
ときには教科書に載ってないけど日常と関連させて理解できることなど工夫したりもします。
しかし塾は予習を中心に行っていることから内容を知っていることが多いです。
それがいけないことは決してないのですが、新たな単元を指導する際にその導入の仕方で生徒の勉強意欲が大きく変わることを僕らBrosが自覚しその責任をより持つことが大事だと思います。
生徒を指導しているという面では学校と同じぐらいの責任がありそのために担当している教科のスキルアップを全体で行っていく必要があると感じました。

3つ目はICTの活用です。
これは鹿島塾の考えに反するかもしれませんが、実際にICTを活用した教育を目にした感想としては様々な面で利点があることがわかりました。
もちろんすべてを受容したわけではなくICTは生徒のもとに残らなかったり、一時的に理解はできても試験では通用しないなど批判の目で見ればいくらでも出てきます。
しかし生徒の理解の手助けとなったり、生徒が必要に応じてICTを活用できるよう導いてあげたりすればきっとプラスのものになると思います。
これからの時代にICTは深く関わってくると思われるので、様々な意見はあると思いますが生徒にICTを適切に使用してもらうためにも、僕らが考えていかなければならないと感じました。

教育実習を通して今子どもが学校でどのように生活し何を考えて過ごしているかを垣間見ることができました。
その中で教師は居場所づくりに重きを置かなければいけないことを学びました。
この塾が生徒にとっての第二の居場所になってもらえるよう、また気持ちを新たにして努力していきたいです。

年末も近づき冬期講習や受験生にとってはいよいよ本番が近付いてきます。
体調に気を付けながら昨日の自分より一歩前進できるよう頑張りましょう。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

田中ゆきこ



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.