2015年07月20日

夏休みの計画

夏休みの計画 こんにちは、鹿島塾黒川校の大崎です。いつもご愛読くださりありがとうございます。大崎って誰だ?と思われた方がほとんどだと思います。まだ勤めて1年ほどの未熟者ですが、これからよろしくお願い致します。

もう夏休みという時期ですので、今日は少し夏休みについて書いてみたいと思います。
[やることが多すぎて何をすればいいのか逆にわからない]
とてもよく耳にする言葉です。夏休みに入ると普段よりも自由な時間が増え、趣味や遊びも含め勉強などこなすべきことが格段に増えてきます。充実した休みを過ごすため、私が大変大事だと思っていることは計画を立てるということです。しかしながら計画を立ててもその通りに行かず失敗ということはよくあることだと思います。自分も恥ずかしながら何度も経験してきました。そこで今日は少しだけその失敗率を下げることのできる工夫を紹介していきたいと思います。

1,まず目標を定めること
遠すぎる目標はあまりお勧めできません。例えば勉強のことで言えば、志望校合格!と定めたとして今何をすべきか…なかなか想像し辛く漠然としています。勿論最終的なゴールも見据えなければなりませんが、とりあえず1,2ヶ月先の模試や実力考査を据えると良いと思います。テストの範囲も限られており、それがあるから!というモチベーション維持にもつながります。やるべきことをまとめ後は日数で逆算すれば、計画を立てやすいでしょう。
2,あまり詰め過ぎないこと
先程出たノルマ(問題数)を休みの日数で割ってしまうとおそらく失敗します。勿論それが理想ですが、人間はロボットではないため毎日等しく仕事を行うことはできません。モチベーションが上がらなかったり、体調を崩したり、急用が入ったり… ぎちぎちの計画は破綻します。 ここはいろいろな工夫の仕方があると思いますが、私は1週間単位のノルマをまず大まかに決め、その週のはじめにその単元の好き嫌い等に応じて割り振っていました。1週間規模の計画でもその通りには行かないものなので1日やり残したところと復習を行う日を作っていました。

と偉そうに書いてみたわけですが、計画の立て方は人それぞれ合うものがあるものです。しっくりくるものを1つ見つけられると勉強だけでなく様々な場面で役に立ちます。うまく計画が組めれば、趣味と仕事の両立、もっと細かいところで言えば読書や掃除、カロリー制限やランニング等の健康管理など計画性を要するものすべてに役に立ちます。是非この夏、やるべきことはたくさんあるのに何をどうすればよいかわからなくなっているという方は計画を立ててみてください。やるべきことがはっきりし少し有意義な夏休みにすることができると思います。夏が勝負と圧をかけられ大変な受験生の方々も計画を立てると焦らずに一つ一つしっかりこなすことができると思いますので是非是非…
ブログらしくない長々と面白みのない文章で申し訳ありませんでした。目を通して下さりありがとうございました。
最後に高校3年生に提供していただいた予定表を載せました。目標達成に向け全力を尽くしていきます。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』


投稿者

田中ゆきこ



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2021年05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.