2019年01月22日

七草がゆ、どんどで無病息災、あとは自己防衛で病気から守る!

七草がゆ、どんどで無病息災、あとは自己防衛で病気から守る! こんにちは!
山田校の川村です。


年末のブログで「次は1日について書くかも・・・」

と言っていたのを覚えていますか?


「ついたち」はもともと、「月立ち」?!


一日

朔日

ついたち

1日

・・・・


いろんな書き方がありますね。





旧暦は月の満ち欠けで暦を決めていました。


暦月は新月(朔)の日に始まります。


そうすると、暦月の一日は必ず「朔の日」になりますね。


ですから「朔日=一日」という考えが定着したわけです。



では、「ついたち」の読み方はどこから・・・?


新月



上弦



満月



下弦



新月

・・・


と月は満ち欠けを繰り返します。

新月(朔)はそのサイクルのスタートです。


よって、「月立つ日」→「ついたち」という考え方もできますね。


他の例を挙げると、「立春」も「暦の上では春のスタート」なので同じ考え方です。



ちなみに、「三日月」は「朏」とも書きます。


これは「初めて姿が見え出した月」が語源となっているそうです。



寒い夜ですが、見上げたら少しロマンティックになるかも?!?!




それでは!!



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.