2017年07月07日

とある休日

とある休日 こんにちは。握力計がないため握力増強計画の現状が把握できていない今泉です。

先日、運動不足解消のため四日市にあるスポーツセンターに行ってきました。そこでは全長1.5kmのアスレチックがあり、受付の方に一周50分かかるといわれました。それを聞いて先生は20分以内にクリアすると意気込み、ご家族でほほえましくつり橋を渡る姿を横目に鬼の形相汗まみれで全力疾走しました。結果25分かかり、自分の鈍り具合を実感し、今後トレーニングしなければと心に決めました。

ここまでとても塾の先生とは思えない内容を書いてきました。なぜ鍛えようとするのか、何の意味があるのかと疑問に思った人も多いでしょう。

はっきり言って、特に意味はないと思います。アスレチックを20分で駆け抜けることは先生として何の役にも立たないです。

しかしひとつだけいえることは、全力でがんばったことで悔しさが生まれ、鍛えようという気持ちになったということです。

これは勉強にも、これから先の将来にも、同じことが言えます。何かをするときに重要なのは目標を達成しようと全力で取り組むことです。それができれば達成してもしなくても得るものは必ずあるので、ごちゃごちゃとやらない理由を考えるより全力尽くして振り返りましょう。

ちなみに、階段を駆け上がるスピードはおそらく塾内1位だと思うので、役に立ってるといえば役に立ってます。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.