2018年11月14日

「大学入試改革」まだまだと思っているうちに、実はすぐそこまで来ています。

「大学入試改革」まだまだと思っているうちに、実はすぐそこまで来ています。 こんにちは、川村です。
めっきり寒くなり・・・いつ暖房を入れようか迷っている今日この頃。


先日の保護者セミナーでもお話させていただきましたが、大事なことなので簡単にまとめてみました!



●高校生のうちには・・・

「高校生のための学びの基礎診断(仮称)」

・高2、3年生対象

・高校で身につける基礎的な学力の到達度を計る試験で、進学や就
職時に基礎学力があることを証明するためのものです。



●大学入試は・・・

「大学入学共通テスト(仮称)」
・大学入学希望者を対象とした、多面的・総合的に評価する入試です。

・英語は外部検定試験(英語4技能を使う民間検定試験)が導入されます。
高校3年生の4~12月の間に2回まで受け、結果が良いほうを採用されます。

CFER基準で各大学の英語試験免除や得点加算に利用します。



●出題形式についても大きな変化が!

思考力・判断力・表現力」をより適切に評価するために、記述式の問題や多数の正解があり得る問題など、多様なパターンの出題が導入する予定です。

先日行われたプレテストの結果などは年度内に公表予定となっていますね。


実際、やってみないとわからない部分もありますが、どんな場合でも準備は大切です。

鹿島塾でも教室スタッフがいつでもご相談にのりますので、気になる情報などございましたらお気軽に声をかけてくださいね。


2018年10月27日

滝高校受験を考えている君たちへ 《理数編》

こんにちは。
高音寺校、福岡です。
チョット他の先生に比べて遅くなりましたが、
滝高等学校、入試傾向と対策、理数編をお送りいたします。

数学
2017年より大問1の問題数が減り、大問が5から6に増えました。
結果、数学の平均点が大幅に下がり、2018年も同じ傾向にあります。
小問が合計19問、シンプルな計算問題が減る中で、
さらに解くスピードが要求されています。
とはいえ、計算式を省いて暗算…は、リスクが高くなります。
どこまで省けるか自分の力量を知ることと、
思考力を上げる為、類似問題を解くことがポイントになってきます。

大問3~6は関数とグラフ、図形の融合問題を含め、図形問題中心。
ここから学習する、相似・三平方の定理・円周角を使いこなせるかもカギになります。
入試問題特有の出題形式ですが、
大問の中の小問は、前の小問がヒントになる誘導形式が多く出題されています。
順序良く考えていける様になっているので、どのような視点で、小問を解いたのか
明確にしておく必要があります。

また、様々な角度から問題を解けるよう、解けた問題・理解できた問題の
別解を考える習慣をつけましょう。
どの解法が一番早く、効率の良い解き方かを見極める訓練になります。



理科
大問数は、5~9題
特徴的なのは、ここ4年、地学が隔年で出題されています。
2015年から、◎×◎×で、2019年は…◎⁉(笑)
責任は負いかねますので、ご了承くださいませ。
記述・作図問題も、出る時は複数問出ます。
出ない時は全く出ません…問題作成者が複数存在の可能性あり?

全般的に、基本的事項を確認する問題と、
それをベースにした思考力を確認する問題が出題されます。
公式丸暗記では通用しません。原理・仕組みを理解していないと解けない問題は
必ずと言っていい程、出題されます。
特に、物理・化学分野の計算問題は、問題の中の条件や、誘導形式になっているか
見極めが、重要になてきます。
もうひとつ!化学反応式記述の出題傾向が上がってきています。
教科書暗記だけでは対応できません。
こちらも、原理・原則を押さえておく必要があります。
第二分野も、暗記だけでは通用しません。
幅広い見識も必要になります。理科に関する時事にも、興味を持ち、
化学・物理同様、レベルの高い問題演習を行いましょう。


2018年04月23日

小学生のみんな!答えの発表だよ^^

小学生のみんな!答えの発表だよ^^ こんにちは!
鹿島塾個別指導部門責任者の田中です^^

先週から小学校の近くで鹿島塾の個別指導の案内を配布しています。
みんなはもうもらったかな?
鹿島塾の案内にはいつも何かのお土産もついていてとってもお得♪
さらに今回はみんなの思考力を伸ばす問題を裏面に掲載していました。

もう解いてみたかな?
答えはわかったかな?

ヒントは「しばらくして」から男の子が手を挙げたことだよ。

いまから答えを書くからヒントを読んでもう少し考えたい!という子は読み進めるのをストップしてね!







さてズバリ、答えは「Cくん」です。

解説しますね。

ポイントはDはBとCの帽子の色を見られる位置にいるということ。

例えば、BとCが同じ色の帽子をかぶっていた場合(例:2人とも赤の帽子)、Dは自分の帽子が片方の色(この場合、白)であるということが分かり、簡単に自分の帽子の色がわかるよね。

だけど、BとCが違った色の帽子をかぶっているから、Dは自分の帽子の色が分からない。だから何も言えないよね。このDの状況をCが把握すればCは「自分の帽子の色は目の前にいるBと違う色だ!」と予想することができるというわけだ。

CとDの心の声を聞いてみると、、

D「う~目の前の2人の帽子の色が違うから、僕のが何色なのかさっぱりわからない…」

C「Bと僕の色が見えているはずのDが何も言わないなぁ。ってことは、Bと僕は帽子の色が違うってことか!ってことは、Bが白だから、僕は赤だ!!!!よっっしゃ~~~~^^」

というわけです。

わかったかな?

鹿島塾の個別指導では、こんな風に面白くて難しい問題を毎週、一緒に解いていきます。解き方は一通りじゃないし、答えにたどり着くまでのプロセスも大切。自分のペースでじっくりと考えて思考力を鍛えていきます。

低学年の子は16時からの授業も開講しています。

ぜひ一度体験に来てみてね~。


2018年01月16日

受験も間近になってきました

こんばんは。鹿島塾小幡校の長江です。

中学3年生は学年末テストがもうすぐ始まり、私自身も気持ちが落ち着かなくなっています。(「先生が落ち着かなくてどうする」と突っ込まれそうですが・・・)


今回は公立入試のことを書きます。

昨年は20点から22点に変更されて、試験時間も変更されました。
2月に受ける推薦入試も3月の一般入試と同日に変更されました。

22点の配点が予想とは違い、各科目2問の2点問題になると思わせていたのですが、科目により異なっていました。
国語は2点問題が4問あったので、上位生はここで点数を落とすと大きな痛手になっていたので、今年も注意が必要ですね。


そのなかでも私が気になったのはテストの難易度でした。
思考力を問うような問題が増えるとなっていたので「難しくなるのかなぁ」と思っていましたが、予想よりは変更がなく例年通りに感じました。

数学では確率や資料の活用の問題で2点が予想されます。
特に確率は出題の形式から解き方が重要になってきます。
公立の問題で最も多く出題されるパターンが「さいころ2つ」を使った問題です。他にも2種類のパターンが予想されますが、昨年も確率の問題や愛知全県模試の問題から『解き方』がポイントであることがわかります。
数学で高得点を狙う子は確実に取りたいところですし、平均点位を狙っている生徒には2点取れたら大きいですね。

公立の数学は「一次関数の利用」「方程式」「確率」「角度」など必ず出題される単元がありますが、その中でもどんな問題パターンなのか考えることが面白いですね(*^^*)

う~ん。理科の予想発表から逃げていますね(>_<)
頭の中にあるのですが、公表することに迷いを感じます。
今回は当り障りのない内容で勘弁してください


2017年12月18日

時代が変わる!授業も変える!

こんにちは!
寒くても薄着の羽根田です。

17日に行われた新大学入試説明会、

ご来塾いただいた保護者のみなさま、誠にありがとうございました(*´∇`*)



会を終えての保護者様の感想は。。。

・私たち世代の入試とは全く変わってしまう大変さを改めて知れてよかった。

・大学入試も就活と同じようになってきたと感じた。

・上の子と下の子の入試に対して同じ感覚でいてはいけないと感じた。

・子どもに明確な夢や目標を早く持ってほしい!

・家だけでは対応できないことが分かった。これからも指導お願いします!

・「人間力」を伸ばす教育に共感。ぜひ塾でその力を伸ばしてください!

など!



とても有意義だったというご意見を多々いただいております!

本当にありがとうございます!!


これから、あっという間に時代が変わっていきます!

本当に対応できたもん勝ち٩( ᐛ )و






さて、光音寺での授業ですが、

生徒以上に私、楽しんでやってますww

その一例を。。。



暗記の単元では、カードを取り入れています。

1学期では、子どもたちお手製の「微生物カード」で
(写真左です)

放課にトランプをしていましたww

時代が変わる!授業も変える! 単語カードも暗記ツールの1つですが、

私はこの写真のカードを使ってみんなで覚えた方が

効果的だと実感しています!



今もきちんと覚えていて、

ふいにクイズを出しても答えられるんですよね♪

素晴らしい!!




ということで暗記第2弾、

「化石カード」を作りました!(上の写真の右です)

楽しそうな表情、やっぱり嬉しいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)




そして、カードだけでは飽き足らず、

本物も買っちゃいましたww

時代が変わる!授業も変える! この単元は、十分に理解できてなかったり、

知識が定着してなかったりで、

3年生になっても苦労する子が多いんです。




あれこれ考えた結果、

現物を見ることが1番だよねって思い、

ポチッとしてしまいましたww



実際に行ってみて。。。


結晶の粒の大きさの違いや、

岩石の色の違いなど、

たくさんのことに気づいてくれました。


ありがとう!!!

知らず知らずのうちに

思考力や表現力がついていってるよ〜╰(*´︶`*)╯♡


そんなこんなで、

生徒と一緒に毎回楽しませてもらっています♪




そして!!


2回連続でAランクをとった成績急上昇中の「あの子」も!

理社受講を決めました(≧∀≦)パチパチパチパチ


さらにワクワクです!!!



お子様の「人間力」、これからもつけていきます!

今後とも宜しくお願いいたします!!



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー
«   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


タグ一覧


▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.