2018年09月25日

名電高校受験を考えているキミへ by新守山校

こんにちは!
新守山校の江﨑です(*ノωノ)

本日は新守山校の能村先生とわたしで、
愛知工業大学名電高校の入試傾向と対策を伝えていきます(*´Д`)

*国語
現代文の記述問題は基本的に「~字で抜き出せ」「初めの~字を答えよ」
などの本文中から答えを見つける問題がほとんどです。
選択問題はそれほど迷う、というわけではありません。前後の文を丁寧に読み込み、根拠を示して解答できるよう、日ごろから練習しましょう。
古文では係り結びや表現技法などの知識問題は頻出です。
また、現代語訳も部分的にあるだけですので、公立高校対策を兼ねて勉強していくことが肝心でしょう。

*数学
毎年二次関数の面積に関する問題が出ているため、座標上の図形の性質を理解しておきましょう。
全体的に見て、中3で学ぶものが多く、三平方や相似を使う図形問題が毎年出題されている。
これから新しく学んでいくものもあるので、復習をするのはもちろん、新しい内容にも力を入れてとりくみましょう。

*社会
毎年歴史では正誤問題が出ます。ここのポイントは「全ての選択肢が正しい」または「全ての選択肢が誤り」である場合がある点です。
つまり、3つの選択肢があったとして、正しい記述、あるいは誤った記述を一つでも、見つければOK!ということではないのです!!
正確な知識が要求されます。
ただ、かなりの難問もあるため、「みんなが解けない問題を解けるようにする」より、「みんなが解ける問題を落とさない」」ことが大切です。
そこで、地理と公民がキーになるでしょう。地理と公民は比較的基本的な内容です。表を使った問題も、計算さえ間違えなければクリアーできるものもあります。地理・公民で落とさないように、公立高校入試を意識した対策を行ってください。

*理科
中1から中3内容まで幅広く出題される。
これまでは記号問題が多かったですが、2年前から語句問題が増えてきています。公式や、概数の表し方細かいところまでチェックしておきましょう。
さらに昨年は記述の問題が出てきています!
知識だけではなく自分の言葉で説明できる表現力を身につけることも要求されます。

*英語
昨年は1つの大問で、「質問も英語」というスタイルが導入されました。
それを鑑みても、やはり大切なのは長文力です。
文法問題もありますが、ものすごい難問、はありません。
普段から長文を多く読み、その中でわからなかった箇所の文法を洗い出す→問題演習で定着させるというサイクルを意識しましょう。

名電高校受験を考えているキミへ by新守山校 いかがでしたか!!

入試日は2月6日とまだまだ先に感じますが、
もう間もなくです!
これからできる対策として参考にしていただければと思います('◇')ゞ


2018年09月23日

春日丘高校受験を考えている君へ(文系編) by西枇杷島校

こんにちは!好きな季節は春と秋の西枇杷島校の荒井です。

過ごしやすい季節になってきましたね。生徒の出迎えをしていても、

日に日に暗くなるのが早くなっていくなぁと感じております…!


さて、今日はがんばっている受験生のみんなに

春日丘高校の文系科目の傾向と対策をお伝えしますね!


<英語>
・大問6問構成(リスニング1問、長文2問、文法3問)
・リスニングは2人による対話形式。問題が5問
・長文は日本語での設問が5問、英語での設問が各5問
・文法は文法的に正しい文を選択する問題、空欄補充、並べ替えが各5問

英語は教科書の重要単語・熟語を多用しており、教科書内容が理解できているか

どうかが大事です。教科書内容の文法を理解しておきましょう。特に、同じ単語

でも意味を複数持っているもの、文法により使い方が変わるものを整理しておく

必要があります。良問が多く、過去問を勉強することが結果的に文法事項の復習と

なるので、おすすめです。


<国語>
・大問3問構成(現代文、古文、小問題)
・現代文は随筆
・古文は源氏物語
・小問題は漢字、敬語、ことわざ、文法、資料の読み取りなど

国語は計30問構成です。現代文に関しては、随筆なので作者の感動したこと

を中心に書かれているので、それを読み解きましょう。古文は源氏物語からの

出題です。源氏物語の作者、時代など基本的な情報を抑えておきましょう。

リード文で内容をつかみ、現代語訳と照らし合わせながら読んでいくのが

ポイントです。小問題は、毎年構成が変わりますが上記の中でも、特に

ことわざが多く出題されています。意外に抜け落ちているところですね。


<社会>
・各4点計25問構成
・出題分野の割合は地理30%、歴史30%、公民40%
・時事問題が出題される

社会は公民分野の出題割合が比較的高いです。しかし、分野の枠を超えた

複合問題も多数出題されているため、総合的に偏りなく3分野の学習して、

知識を蓄えておく必要があります。また、時事問題が2~3問出題されます。

新聞、ニュースなどを通して、社会の動きをチェックしておきましょう。

出来事をノートなどにまとめておくと整理ができ、見直しができますね。

1問1問形式、というよりは教科書内容の知識が身についていることを前提とした

資料活用や語句の説明を選択する問題形式です。その資料を見れば答えがわかる

問題もありますが、蓄えた知識を駆使し、答えにたどり着くことが要求されます。


参考にしてもらえたらありがたいです。1日1日を有意義に!

写真はmy penです。なかなかのお値段です。

春日丘高校受験を考えている君へ(文系編) by西枇杷島校


2018年09月16日

名古屋高校受験を考えているキミへ by小幡校

こんにちは。EMSを使って腹筋を鍛えていますが、まだまだ成果が出ていない小幡校の日比です。現在体重80kg!



さあ2学期が始まって2週間が経ちます。夏休みに考えていた「2学期に入ったら○○するぞ!」と立てていた計画は思い通りに進んでいますか?


中間テストまであと2週間あまり!もう一度誓いを立てていた時を思い出してやっていきましょう!!!!



名古屋高校受験を考えているキミへ by小幡校
小幡校の隣にある田んぼでは、稲穂が実りはじめ、こうべが垂れ始めてきました。皆さんが夏休みに頑張ったことは絶対に皆さんの頭に入っています。その種を実らせるのはここからの頑張りです。大きく実らせましょう!!!!!!



さて中3の受験生の皆さんはそろそろ受験校が決まり始め、その高校のことが気になり始めるころですね!



という事で、今回はこのブログの中で私立高校の傾向をお伝えしたいと思います。



今回お伝えする高校は……………




名古屋高校!


愛知県では東海高校と並ぶ男子校!進学実績も高く、文理選抜クラスの偏差値は66.8と県内有数の進学校ですね。


その入試問題はというと、特に英語と国語がカギを握ってきそうです!



まずは英語。日本語の問いに英語で答えるといういつものテストのパターンではなく、英語の問いに英語で答える出題形式や、英作文の問題も多く出されます。


これに対応するには、英問英答の問題形式・英作文を数多く解いていくこと!そして特に英作文は英語の先生にチェックしてもらいましょう!表現の仕方等アドバイスをもらって自分の語彙・表現方法を増やしていきましょう!



続いて国語。国語は難化傾向にあります。文章を読み取るだけでなく、問題文に文章が入るなど、国語力をかなり試される問題が多くあります。また、記述問題も必出です。


これに対応していくには、記述力をつけることが一つの突破口となりそうですね!記述力を伸ばすには、記述問題をしっかりと数多く練習する必要があります。その上で国語の先生に採点してもらいましょう!正しい文章の書き方をここでしっかりと身につけていきましょう!


そして英語、国語だけでなく他の科目にもいえることですが、名古屋高校の入試問題は公立入試の対策にも大きくつながります。例えば理科は生物、化学、物理、地学から満遍なく出題されていますので、苦手分野をなくしていく勉強が必要となり、自分が弱い単元は絶対にチェックして穴をなくしておくことは公立高校でも同様です。



参考になりましたか。


鹿島塾では、今日から高校入試対策の『 V奪取特訓 』が始まります!ここからが大事な時!みんなで第一志望校合格を目指して頑張ろう!



小幡校 日比でした。


2018年08月05日

夏休み真っ只中、夢に踏み出す8月がやって来た!

みなさま、こんにちは。
上名古屋校の廣江です。

夏休みが始まって2週間余りが経ちましたが、学校から出された宿題・課題を順調に進められていますか?

鹿島塾生は、「7月中に夏休みの宿題を終わらせる」約束なので、工作や読書感想文を除いた宿題をもう終えていますね。

では、早々に宿題を終わらせてしまって8月は何をするのか?というお声が聞こえてきそうですが、上名古屋校の場合で言えば、その答えのヒントは私の前回のブログにあります。

そうです!上名古屋校に通う子どもたちは、夏期講習の初日までに「ミライのシゴト」シートを書き上げました。

8月は、このミライに向けてそれぞれの子どもたちが行動を開始するのです。自分がなりたい姿に向けて、その実現のための第一歩を踏み出すのです!

そして、その一歩目が「マンダラート」を作ることなのです‼(マンダラートがどのようなものか気になる方は写真を見てください。)

作成したら、あとはそこに書いたことをしっかり実践するのみ‼ つまり8月は自分ですると決めたことを実行していくのです‼

今月末に一人一人の子どもたちが、どんな成長を手にしているのか今からワクワクしますね!

夏休み真っ只中、夢に踏み出す8月がやって来た!


2018年06月06日

悪循環から抜け出す方法

こんにちは!
小さいころのゆめは「小金持ちな工場長」だった今泉です。
小金持ちってなんでしょうね。なぜ少し妥協したのか。

最近、先生は朝の日課であるトレーニングをさぼりがちです。動くより寝よう、という甘えた考えに支配されています。

そこで冷静に考えてみました。

動かない→自己嫌悪→ストレスがたまる→寝る→動かない

そう、無限ループ、負の連鎖、デフレスパイラルに陥ってしまっているのです。

ではどうすればいいのか。答えは簡単です。
動く!嫌でも!それだけです。
ただそれができるのであれば苦労はしません。

そこで必要なのは、「動ける仕組みを自分で作ること」です。
先生の場合、朝起きて目覚ましを止めるところまではできるのですが、気づくと眠くて布団に向かっています。しかし一度顔を洗えばたいてい目が覚めます。
なので目覚ましを洗面所にセットし、止めると同時に最小限の負担で顔を洗えるようにします。
これにより現状の課題が解消され、起きることができるという作戦です。

このように塾生のみんなが普段から行っている「課題から原因を分析し、対策を立てる」ことは日常生活でも役立つのです。

これからもこのPDCAサイクルをどんどんまわしていきましょう。

写真は牧場でとった牛の写真です。
例によって内容とは一切関係ありません。



『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』

『可能性は誰にでもあるということ、努力すればできるようになる』ということを生徒たちに知ってもらいたい。
そして…さらに上を目指して頑張っていってほしい!!

『 先生たちも頑張るよ!!
  いっしょに頑張るぞ!!  』



最新の日記

サイト内検索

カレンダー

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


タグ一覧


▲このページのトップへ

Copyright(C) MIRAIMAKE. All rights reserved.